加藤洋子氏が語る〈翻訳と「馬」〉
大事なのは相手の声を聞くこと

イントロダクション

翻訳家の加藤洋子さんはじつは馬乗りでもあります。
ほぼ同時期にはじめられた翻訳のお仕事と馬場馬術。
この二つの共通点から、海外小説に出てくる馬の用語、品種など、馬乗りならでは翻訳談をお届けします。

無料のオンライン・イベントです。

講演者・加藤洋子さんからのメッセージ

みなさん「乗馬」と聞くと、ハイソな人たちの優雅なお遊びよね、と思われるんじゃありませんか。自分の馬を持てば(自馬(じば)と言います)そりゃあお金はかかりますが、乗馬クラブで練習馬に乗る分にはそれほどお金はかかりません。一日中椅子に座ってパソコンのキーを叩いている座業の翻訳者にとって、乗馬は気分転換になるのはもちろん、肩こりや腰痛予防にもなり、なおかつ翻訳するうえでもいろいろ役にたつ一石三鳥のスポーツです。どんなところが翻訳の役にたつのかといったことを、なるべくわかりやすくお話ししたいと思いますので、よろしくお願いします。

開催日時

2021年2月27日(土)14時から15時

場所

オンライン(Zoomのウェビナー形式)での開催となります。

参加費

無料

申込方法

ページ下部の申込フォームから行なってください。締切までにご記入、ご送信をお願いいたします。

申込締切

2021年2月24日(水)

※定員は先着順で100名とさせていただきます。

講演者プロフィール

加藤洋子(かとう・ようこ)

翻訳学校ユニ・カレッジで故矢野浩三郎先生に師事し、1989年に「チューリッヒ・ナンバー」というスパイ小説でデビューしました。ベルリンの壁が崩れる前で、KGBとCIAの諜報合戦が小説のネタになっていた時代でした。以来、スパイ小説、ミステリー、コージーにロマンス小説、純文学、ノンフィクションと手広くやってきました。八ヶ岳山麓の森に住まいを移して16年、犬猫と戯れ、馬に乗り、のんびり仕事をしています……のはずが、アメリカの黒人文学と取り組むことになり悪戦苦闘しています。

最近の訳書:『ビジュアル列伝 歴史を変えた指導者たち』(三省堂)、『静寂のララバイ』(ミラブックス)、『夜ふけに読みたい 数奇なアイルランドのおとぎ話』『夜ふけに読みたい 神秘なアイルランドのおとぎ話』(平凡社)、『戦場のアリス』(ハーパーブックス)など。

加藤洋子氏は弊社主催の翻訳教室で講師も務められています。翻訳教室につきましてはこちらをご覧ください。

視聴にあたってのご注意

Zoomの視聴環境につきましてはご参加者様のほうでご準備ください。こちらでのサポートは致しかねます。

本イベントの動画、写真、音声、資料などの配布、またネット上へのアップロードを禁止致します。

本イベントはリアルタイムでの配信のみです。後日の録画配信は行ないませんのでご了承ください。

お問い合わせ先/申込フォーム

株式会社日本ユニ・エージェンシー
イベント担当

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-27 東京堂神保町第2ビル 5階
TEL: 03-3295-0301
Eメール: kato_honyaku●japanuni.co.jp(●を@に置き換えてお送りください。)

運営、講義方法などご不明な点があれば、弊社あてに直接メール、もしくはお電話にてお問い合わせくださいませ。

※お問い合わせやお申込フォームへのお返事は、営業日のみとなります。土日祝日にご連絡・お申込みをいただきました場合は、翌営業日にお返事をさせていただきます。ご不便をおかけし恐縮ですが、ご了承のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

    必須ご氏名(ご本名)
    必須ご氏名(ふりがな)
    任意ペンネーム
    任意ペンネーム(ふりがな)
    必須電話番号
    必須メールアドレス
    必須【視聴にあたってのご注意】を読み、内容に同意します。 はいいいえ(ご参加いただけません)
    任意自由記述欄
    アンケート
    任意このイベントをどちらで知りましたか?


    このサイトはreCAPTCHAによって保護されています。Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。